老人介護施設 eハウス

施設概要料金お問い合わせ・アクセス

「自分の家へ帰ることを目標に能力を改善する為の援助をします」


「安心して暮らせる施設」とはどんなものなのかを追求し、医療の援助なくしては私たちの生活はなりたたないと考えました。eハウスは広島厚生病院と連携し、医療と介護で支援します。施設から家へ帰った後も、安心して介護サービスと医療サービスが受けられるようグループで支援します。応急時には十分な医療サービスが得られる体制を備えています。
利用者様とご家族の意志を尊重し、望ましい在宅生活が過ごせるよう、利用者様に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。
看護、介護、リハビリの職員が一丸となって食事や排泄、入浴、調理など実際の生活をベースにしたリハビリをしようと考えています。日々の生活を活発にすることで体力や持久力、生活能力の維持向上を図ります。


在宅復帰をするためには

(1)食事の自立 (2)トイレの自立 (3)移動手段の獲得 が最大の目標になります。
eハウスではこの3点に対して重点的にリハビリを行います。

施設概要


介護老人保健施設 42床
デイケア 定員40名(午前・午後 半日コース)

1階 体の筋力・バランス感覚などの運動 機能の維持を行うと共に、創作活動を楽しみながら想像力を刺激するデイケアをしています
2階3階 18名のユニットケア形式
4階 個室6室・技能訓練室


沿革

平成12年 開設(入所42名 デイケア10名)
平成15年 デイケア定員20名
平成18年 施設の全面改修 デイケア定員30名
平成23年 デイケア定員40名(午前/午後)